Designed by sweeping.com
換気扇の大掃除
大掃除の中でも、とりわけ面倒に感じるのが換気扇です。実際に掃除をしてみると分かりますが、換気扇には油と埃が混じり合ったような汚れがべっとりと付着しており、擦ってもなかなか汚れが落とせませんし、何回も洗剤で洗わないとべたつき感が取れません。このような汚れがつきやすい換気扇の中でも、特に汚れているのがキッチン周辺の換気扇です。ガスや電気コンロの上に設置してあるレンジフードが、一番汚れが蓄積している場所となります。
レンジフードの大掃除はコツを掴めばいくらか簡単に汚れが落とせるようになりますので、覚えておきたいものです。洗剤には一般的な中性洗剤よりも、キッチン用のアルカリ性洗剤を使いましょう。アルカリ性を使うのは、すす汚れや油汚れに高い効果が望めるからです。但し皮膚への刺激も強くなりますので、ゴム手袋を必ずつけて作業してください。
取り外せる部品は、洗剤を入れた40~50度のお湯に30分以上つけおきするのが基本です。お湯がぬるくなったらタワシなどで擦ると、簡単に汚れが落ちます。つけおきのできない本体部分の汚れは、洗剤を吹き付け、その上からラップやキッチンペーパーなどで湿布すると、洗剤の蒸発を防ぎながら汚れを浮き上がらせることができます。しばらく時間をおいて湿布を外し、汚れを拭きとりましょう。
これら掃除方法は、従来のプロペラ付きの換気扇にも応用できます。